エスオーエンジニアリング通信ブログ

  1. HOME > 
  2. エスオーエンジニアリング通信ブログ > 
  3. 激安・格安に潜むリスク

激安・格安に潜むリスク

2016年2月17日

雪竹部長 2016年に入り、早くも1ヶ月経過しました。暖冬ということで、雪不足が心配されるほどでしたが、急に大寒波が訪れました。風邪、インフルエンザ等に掛からないよう、くれぐれもご留意ください。
 また年明け早々は、中国経済の減速、原油価格の低下、 中東情勢の緊張を背景に、世界の株価が急落しました。為替も円高方向に動いています。今後しっかりした対策が実施され、市場が落ち着くのを見守りたいと思います。

 さて、今年に入り残念なニュースが2件ありました。ひとつめは、長野県で発生した大型スキーバスの事故です。亡くなられたのは運転手のほかは、全員大学生です。将来ある若者がこういう事故に遭われて、本当に残念でなりません。謹んで哀悼の意を表します。
 事故原因は、これから詳細が明らかになると思いますが、ハード面(バス車両の点検・整備)、ソフト面(運転手の体調、技術等)両面での検証が必要です。聞くところによると、運転手は採用されたばかりで、大型車両の運転はほとんど経験がなかったということです。また、入社時の健康診断をしていなかったバス会社の法令違反も指摘されています。ツアー会社も法令で決められた運賃を下回る価格で契約していました。
 ふたつめは、産業廃棄物業者が廃棄処理を依頼された冷凍食品を横流ししていた問題です。こちらは、今の所、健康被害等の報告はありませんが、日本人として非常に残念な事件です。事件が発覚したきっかけは、アルバイト社員が、たまたまスーパーで売られているのを不思議に思い、会社に問い合わせしたことだったようです。この社員の行動にはアッパレを送りたいと思います。この行動がなければ、闇にうもれたまま、ずっと続けられていたことでしょう。産業廃棄物業者が1番悪いですが、そこから仕入れした業者、販売したスーパー等もなんとなくは気付いていたはずです。

 激安・格安には必ず理由があります。消費者がそれを納得して、購入するのであれば、問題はありませんが、購入する側もそういうリスクがあることを認識しておく必要があります。 ぜひモラル・倫理観・道徳観のある安心できる社会になって欲しいものです。

 グローバル化が益々加速する世の中ですが、日本人が持っている勤勉性・正直・思いやり・やさしさ等を取り戻すきっかけにしたいものです。世界ではいろいろな面で大きな変動が生じていますが、是非モラル・倫理観・道徳観のある安心できる社会になって欲しいと思います。