エスオーエンジニアリング通信ブログ

  1. HOME > 
  2. エスオーエンジニアリング通信ブログ > 
  3. 2016年 年頭のご挨拶

2016年 年頭のご挨拶

2016年1月5日

水長社長 新年、明けましておめでとうございます。
 皆さまにおかれましては、つつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 年末年始の休暇中に出勤または出張していただいた方は、本当にお疲れ様でした。

 昨年を振り返りますと、海外ではパリの同時テロに代表されるように軍事的な緊張感が世界中に広まっています。
また、シェールガス開発の影響もあり原油安による世界のエネルギー勢力が大きく変化してきました。そして、中国のバブル経済も陰りを見せ始め、その情勢を世界中が見守っています。今後、世界中を震撼させるような大変な出来事がいつ起こるかもしれないという不安をもっているのは私だけではないはずです。

 一方、国内では安全保障関連法の成立、TPPの大筋合意、原発の再稼働、マイナンバー制度のスタートなど安倍政権の具体的政策が目に見えてきました。今後、日本が世界のリーダとして大きく転換していくことが期待されます。

 我々が関わる建設業界では建築物の基礎工事で杭施行データの改ざんという問題が発生し、業界はその結末に注目しています。過去にも、所謂姉歯問題で建築基準法が大きく改正されたように、今回も建設業界においてはますます厳しい規制がかかってくることを覚悟しなければなりません。
 昨年、当社は東北地方で施工した工事で大変な赤字を出してしまいましたが、その主な原因は東北地方の人手不足による人件費の高騰です。このような建設業界における人手不足は、今や東北地方のみならず全国的な問題となってきています。我々を取り巻く社会が変化していく中で、我々は将来を見据えてその変化に対応していかなければなりません。

『変革なくして会社の発展や存続は無い』

 現状のままであることに危機感を持ち、常に社内変革を進めていきましょう。

 ところで、みなさんは「あなたは何のために仕事をしていますか」との質問にどう答えますか。その答えは人それぞれでしょうが、私は「自分の将来を幸せに生きるため」だと思っています。社員の皆さん一人ひとりが生涯を通して幸せになっていただきたいと思います。そのために、皆さんは「将来のために今何をすべきか」をよく考え、そのための努力を怠ってはいけません。また、会社はそれを応援しなければなりません。

 最後に、社員の皆さんやご家族の皆さん、当社に係る全ての方々が、今年も健やかに過ごされます事を祈念して、年頭のご挨拶とさせていただきます。